『デントリペア』で車のへこみ修理 トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

レクサスNX300 ドアパンチをデントリペアで綺麗に修理

 

デントリペアでドア端のヘコミもスッキリ綺麗に

今回はNX300のドアパンチの修理です。
鈑金塗装するほどではないけれど気になるヘコミができてしまった場合は、まずはデントリペアで修理可能かどうかご検討ください。オリジナルの塗装を活かした綺麗な修理が可能ですので、多くの方に有効に活用していただければ幸いです。

当店では、綺麗なへこみ修理を追求するために、完成基準『ラインボード』を採用して修理後の徹底チェックを行っています。

NX300左リアドアのデントリペア

レクサス NX300

NX300 リアドア前端デントリペア位置ヘコミの位置は左リアドアの前方数センチの位置。
デントリペアは、完全に端のパネルが重なってたりして道具が入らない部分でなければ、基本的にはなんとか直せるケースがほとんどです。悪条件が重なると例外はありますが、端の方だからとデントリペアをあきらめる前に是非一度ご相談ください。

【景色でデントリペア前後の確認】

NX300 リアドア前端デントリペア前

NX300 リアドア前端デントリペア後 ラインボードで確認修理後はあらゆる角度から見ても、きれいに直っている事で。

【ラインボードでデントリペア前後の確認】

NX300 リアドア前端デントリペア前1修理前、このように基準となる線を映し込むと、ヘコミや歪み等の違和感がある位置で線が歪んで見えます。この線が綺麗にそろって映りこむように徹底して修理していきます。

NX300 リアドア前端デントリペア後1 ラインボードで確認修理後は基準となる線がスッキリと映りこみます。
様々な角度から徹底的に確認して線が綺麗に写り込んでいれば完成となります。
同様のチェックでお客様にもご確認いただき、とても喜んでいただけて何よりです。
ご依頼ご来店誠にありがとうございました。

レクサス   - , , , ,