『デントリペア』で車のへこみ修理 トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

デントリペアでピラー(ルーフサイドパネル)のへこみを綺麗に修理

 

ピラーパネル(ルーフサイドパネル)のデントリペアのご紹介です。

ピラーと呼ばれるこの部分は、構造上デントリペアツール(道具)が入らないと言われている部分ですが、今回は、ツールの入らないピラーパネル部分にできた、気になるヘコミを特殊な方法で修理していきます。
その方法は各社様々ですが、当店ではあらゆるへこみ修理方法の中から一番ベストな方法を選択して的確にヘコミ修理を致します。

今回は右リヤドア上、ピラー部分のヘコミを修理していきます。
裏からツールが入らない部分でもデントリペアでは修理が可能という事をご記憶頂ければ幸いです。
デミオピラーデントリペア
デミオピラーデントリペア

【修理前】
景色の確認ではわかりにくいヘコミですが、リフレクターボードで確認してみるとはっきりと確認できます。
この様に、判り難い状況でもはっきりと確認が出来る様、トラストデント・グループでは、デントリペアの確認にはリフレクターボードを採用しております。
歪んで写る線が綺麗に揃うように丁寧に直していきます。
デミオピラーデントリペア
デミオピラーデントリペア

【修理後】
修理前には景色でもヘコミを確認する事が困難でしたので、修理前とあまり変わりませんが、しっかりと修理痕が残らないように修理した後です。
リフレクターボードで確認を行うと線が綺麗に揃って映りこみますので直っているかどうかの判断が容易です。実際はさらにもっと角度をつけて確認していただきます。
デミオピラーデントリペア
デミオピラーデントリペア

【へこみ修理前・リフレクターボードでの確認】
修理後のわずかな景色の歪みも残らない様徹底して修理していきます。
デントリペアでは、修理後の確認はこのような角度で行う事をお勧めしております。

デミオピラーデントリペア
デントリペアの確認方法について、詳しくはこちらをご覧ください。
『デントリペアの確認方法はこちら』

【へこみ修理後・リフレクターボードでの確認】
線が綺麗に映り込んでいるのが確認できます。
デミオピラーデントリペア

当店ではあらゆるヘコミに対応出来る様、様々な技術とノウハウで対応しております。
ツールが入らないとされるピラーやその他の部分のへこみ修理も是非ご相談ください。

マツダ   - , , , , ,