『デントリペア』で車のへこみ修理 トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

デントリペアのへこみ修理後の確認でリフレクターボードは必要?

 

今回はデントリペアのへこみ修理後の確認についてのご説明です。

へこみ修理後の確認で本当にリフレクターボードはしっかりと確認できるのか?ボンネットの修理例でご説明致します。

アテンザワゴン ボンネットのへこみ修理

今回のヘコミの位置はボンネットの右後部で斜めに長いヘコミです。
アテンザワゴン ボンネットのへこみ確認

まずは景色でへこみ修理前後の確認をしてみます。

【施工前】
緑の矢印の間には間違いなくヘコミがありますが、映り込んでいる景色には基準となる線が無い為へこみを認識することが出来ません。
アテンザワゴン ボンネットのデントリペア前
深いへこみであればどこから見ても判断出来るのですが、浅いへこみの場合は見える条件が限られる事があります。では施工後はどう見えるでしょうか?

【施工後】
ヘコミがある状態でもわからなかったのですから、この写真だけでヘコミが直っていると判断できる人はなかなかいないでしょう。
アテンザワゴン ボンネットのデントリペア後
実際の確認では、視線を上下左右に動かして景色を動かす事が出来ますので、判断する事が可能ですが、写真は当然固定ですので判断しづらくなります。

ではどのようにすれば、ヘコミを確認して修理後にしっかりと直っている事を確認できるのでしょうか?
近年デントリペアでは、本場欧米でも使用されているシマシマの模様を映し込む手法が取り入れられてきています。このシマシマの模様を描いた板の事を業界では『リフレクターボード』と呼んでいます。多くの線を基準として映す事によってヘコミをしっかりと捉える事が可能で、一定の角度からでも判別できる優れものです。

先程の景色で確認した施工例を、シマシマのリフレクターボードを映して再度ご確認ください。

【施工前】
景色では全く判別出来なかったヘコミを見事線の間隔が捉えています。多数の線を広範囲に映し込めばどこかで反応してくれます。その他の場所は線が均一に映り込んでいますので同じように均一になる様に線をそろえていきます。
アテンザワゴン ボンネットのデントリペア前リフレクターボードで確認

【施工後】
丁寧に修理する事によって、わずかな歪みも残しません。
施工前にあったヘコミ部分の線の歪みが一切無くなりました。
アテンザワゴン ボンネットのデントリペア後リフレクターボードで確認

別角度からの確認です。
【施工前】
アテンザワゴン ボンネットのデントリペア前

【施工後】
アテンザワゴン ボンネットのデントリペア後

【施工前】
アテンザワゴン ボンネットのデントリペア前リフレクターボードで確認

【施工後】
アテンザワゴン ボンネットのデントリペア後リフレクターボードで確認

360°どこから見ても違和感が無くなれば完成です。お客様にも同様の確認でしっかり直った事を実感して喜んでいただきました。
ご依頼とご来店ありがとうございました!

確認する条件が変わっても基準となる線を映す事により、はっきりとヘコミや違和感をとらえる事が出来ます。『リフレクターボード』は、より綺麗なへこみ修理をご提供している証としてとても重要なツールであると思います。
当店では、細部まで綺麗に直っている事をご確認いただける様、今後も引き続き採用して、常に最高のへこみ修理をご提供し続けて参ります。

マツダ   - , , ,