『デントリペア』で車のへこみ修理 トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

メルセデスベンツ SL400のデントリペア・その①

 

わずかなヘコミもラインボードの繊細な確認でスッキリ綺麗に

今回は福山市からご依頼ご来店のSL400のデントリペアのご紹介。
わずかなヘコミでも一度気が付いてしまうとそこに目が行ってしまいます。

当店では、ラインボードを常に採用し、より繊細な確認をすることで、わずかなヘコミや歪みもしっかりと修正致します。
遠方からでも来た甲斐があったと気持ちよくお帰りいただける様に、塗らないへこみ修理を追及してまいります。

 

メルセデスベンツ SL400のデントリペア

福山市よりご来店のSL400。フルアルミニウムボディです。
メルセデスベンツSL400 デントリペアでご来店 今回は、ボンネットの小さめなヘコミと左フロントフェンダーの薄めなヘコミ修理です。フルアルミニウムボディなので、どちらもアルミパネルのデントリペアとなります。

 

その①ボンネットのデントリペア

写真の赤丸の位置に小さいヘコミがあります。この写真ではわからないですが、以下でご紹介していきます。ベンツSL400 ボンネットのデントリペア位置

【景色でデントリペア前後の確認】
修理前
ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア前
修理後
ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア後 小さいヘコミですので全くわからない感じです。

【ラインボードで修理前後の確認】
修理前
ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア前 ラインボードで確認
修理後ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア後 ラインボードで確認ラインボードでわずかに写るヘコミですが、小さいヘコミでも歪みや違和感を極限まで取り除きます。基準を映してしっかりと確認しながら修理することでわずかな違和感もスッキリ綺麗に元通りです。

今回は単純な小さいヘコミに見えますが、これがなかなか曲者でしたのでさらに詳しくご紹介していきます。

 

 

修理前にヘコミの状態をしっかりと確認していきます。

アルミパネルの直し方を習得していれば問題なく直るヘコミと思われがちですが、
今回のヘコミは少し癖のあるものでした。ヘコミの位置をじっくりとみていきます。
※修理前
ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア前
※修理前 上の写真にしるしを入れた写真です。
ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア前矢印の2~3センチ右上あたり赤丸部分がヘコミです。その先には塗装の違和感があります。この違和感が今回の施工例に役立ちました。

 

 

さらに接写で写した修理前後がこちら・切り取り前

【修理前】
ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア前赤丸部分にヘコミと、写真右上の端あたりに塗装の違和感が写っています。

【修理後】ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア後写真中央少し下あたりに塗装の違和感が写っています。修理前後の撮影位置がずれていた為、今回偶然写っていた塗装の違和感部分を合わせて写真を切り取っていきます。

 

【修理前後の確認・位置を合わせて切り取り後】

塗装違和感の位置をあわせてカットしていくとこんな感じで修理前後の状態が見えてきます。
【修理前】
ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア前赤丸の位置にある小さいヘコミのさらにその中に塗装のつぶれのような鋭角なヘコミあるのがわかるでしょうか。中心に3箇所とその付近にこの写真でも写りにくかった薄いのが2箇所ありましたので、ヘコミ修理だけでなく塗装自体のつぶれも同時に直していきます。

【修理後】
ベンツSL400 アルミボンネットのデントリペア後修理後は、位置関係からこの辺りという部分に赤丸を付けていますが、ヘコミの中の塗装の潰れまで綺麗にスッキリしました。

福山市からのご依頼ご来店誠にありがとうございました。

今回のようにアルミパネルの塗装のつぶれ修理は、条件次第で直らない場合もありますが、可能な限り綺麗にを追求しておりますので、塗装のつぶれやパネルの歪み、修理したけどなんだか気になる違和感等、まだまだ修理可能な場合もございますので是非一度ご相談ください。

同車両のフロントフェンダーはその②でのご紹介となります。

メルセデス・ベンツ   - , , , ,