『デントリペア』で車のへこみ修理 トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

バックドアのプレスラインもデントリペアで綺麗に修理|トヨタイスト

 

デントリペアでバックドアプレスラインのヘコミ修理もご相談ください。

バックドアに何か激突してヘコミが出来てしまったり、閉める時に押したパネル弱かったりして凹んでしまう事ってないですか?気になるけれど、再塗装は大掛かりになるので修理をためらってしまう。
そんな時にご検討いただきたいのがデントリペア
デントリペアとは、ヘコミを裏から押し出す事により、塗膜をそのまま活かした修理が可能で、ヘコミを綺麗に元通りにする修理方法。
『パテ付け~整形』や『再塗装~乾燥』といったどうしても時間が必要な工程を省く事で、板金塗装より『早く』『綺麗に』『比較的安く』修理出来るのでかなり画期的な方法なのですが、作業する職人の腕次第で良くも悪くもなってしまいますので注意が必要です。

詳しくは『デントリペアとは?』をご覧ください。

当ブログでは、修理前後の画像を見比べて細部まで綺麗に直っている事を確認していただける様に、リフレクターボードという明確な基準を採用しております。

今回の施工例はバックドアのプレスライン部分を含む比較的大きなヘコミです。

ユーザー様が押してしまったわけではないのですが、いつの間にか凹んでしまう事もあります。
イスト バックドア プレスライン デントリペア

このようなケースではプレスラインを伴いパネルが変形していますので、修復にはしっかりとしたノウハウが必要です。この部分に凹みがあると、ドアの 開け閉めの時には目についてしまいますし、後続車からもよく見えるので、ご予算内で綺麗に直るなら、修理してスッキリとしたお気持ちで乗り続けていただけたらと思います。
イスト バックドア プレスライン デントリペア

【修理前】
施工前景色での確認ではわずかに凹んでいるのがわかりますが、見慣れていないとわかりにくいです。
イスト バックドア プレスライン デントリペア

【修理前】
リフレクターボードを映しての確認です。、ヘコミの所にまるで指紋のように渦を巻いて線が写っているのがわかります。この線が綺麗に整うように修復していきます。
イスト バックドア プレスライン デントリペア

【修理後】
当然ですが綺麗に直ると景色では全くわからなくなります。
映り込む景色がない場合はお客様にとって確認し難くなってしまいます。
トラストデント・グループでは、修理後に一番歪みや違和感を確認しやすい状況下でお客様にもしっかりとご確認いただいております。
イスト バックドア プレスライン デントリペア

【修理後】
修理後は、リフレクターボードによる確認で、お客様にもプロ目線で細部までしっかりとご確認いただき、ご納得頂けたら修理完了となります。
イスト バックドア プレスライン デントリペア

僅かなヘコミや違和感、難しいヘコミ、大きなヘコミ、鈑金塗装かもと思うヘコミでも、お車の気になるヘコミ修理はご相談ください。

トヨタ   - , , , ,