『デントリペアで鈑金しないヘコミ修理』トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

デントリペアでBMW ALPINA B5のデコラインを張り替えずにヘコミ修理

 

今回はBMW ALPINA B5のドアデコライン上のデントリペアのご紹介

塗らずにヘコミを直すデントリペアで、デコラインを張り替えることなく修理できる場合がほとんどです。デコライン代と張り替え工賃をプラスして考えるとかなりの額になりますので、塗膜が活かせる様でしたらご相談ください。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

修理するヘコミの位置は左のリヤドアプレスラインのすぐ下。デコラインより上のあたりです。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

拡大してみるとこんな感じでヘコミと共にキズがあります。当たった部分は塗膜自体も縦に筋状に凹んでいます。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

【修理前】
景色での確認です。プレスライン部分も若干へこんでいます。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

【修理前】
ラインボードでの確認。ヘコミがある部分は線が歪んで映り込みますので、ヘコミを見慣れていない方でも判別することが容易です。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

激しい傷と塗膜のヘコミも伴うので、TRUSTデントリペアでしっかりと修復していきます。
今回のキズは、ヘコミを直してもかなり目立ちますので、必要最低限の磨きを入れてほとんどわからないようにします。

【修理後】
景色での確認。ヘコミは当然歪みまでしっかりと修理完了です。
歪みや違和感の確認には景色や蛍光灯だけではプロでも判断不可能なので、綺麗に修理できているか確認するためには、ラインボードによる確認を推奨いたします。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

【修理後】
ラインボードでの確認で歪んでいた部分の線が綺麗に揃って写っているのがわかります。
世界基準のヘコミ修理確認方法ですので、これ以上にない修理が出来ている事が容易に確認できます。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

 

【修理前】
傷はこのようにかなり広範囲に及んでいますが塗膜を磨く事により目立たなくする事が可能です。
磨きはプロではありませんので、当然無理に削らないように最小限にとどめておきます。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

【修理後】わずかな塗膜のヘコミは一部残りますが、当店は磨きのプロフェッショナルではありませんので、キズをほとんどわからないぐらいに留めておき、無理のないところでお客様に確認していただきます。
BMW ALPINA B5 リヤドア デントリペア

再塗装をせずにヘコミ修理をする事で、デコラインの張り替えが不要となりますが、ヘコミ修理には万が一のリスクはありますのでご了承ください。
修理のご依頼ありがとうございました。

ヘコミや傷の状態を判断させていただき、お客様のご希望に沿ったベストな修理方法をご提案させていただきたいと思います。必要であれば磨きのプロフェッショナルもご紹介可能です。その際は事前に打ち合わせが必要ですのでヘコミ修理前にご相談ください。

気になるヘコミ修理は、お近くの信頼できるデントリペアショップにご相談ください。

BMW   - , , , , , ,