『デントリペアで鈑金しないヘコミ修理』トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

ムーヴラテのドアパンチ修理

 

ほとんどのドアパンチはデントリペアで綺麗に直るんです

嫌なドアパンチは、出来るだけ綺麗に早く安く直したい。そんな想いをデントリペアでスピード解決!
単純なヘコミばかりではないんですが、ほとんどのドアパンチはデントリペアで綺麗に直せてしまいます。
深いキズは残ってしまうんですが、純正オリジナルの塗装をそのまま活かす事で、日帰り修理も可能ですので、岡山県でも県外からでも気になって許せないヘコミがありましたら、まずは『ペイントレス・デントリペア』(塗らないへこみ修理)をご検討してみてください。

今回の施工例はムーヴラテの右後ろのドア

ムーヴラテムーヴラテ右後ろドア上部のプレスライン(パネルの折れ目)の所に遠くからでもわかるぐらいのドアパンチ。
ドアパンチは基本的に塗装が活かせるヘコミがほとんどですので、そのままの塗装を活かして直すデントリペアがとても有効です。

デントリペア前

ムーヴラテ景色での確認。
プレスラインを含むヘコミですが、上下に分かれて複雑になっています。
ドアの上の方は、裏にもう一枚ある鉄板がプレスラインのあたりまで2重になっていた為こうなったのかもしれません。

ムーヴラテ基準を映して確認。
プレスラインの位置が2重構造になっている複雑なヘコミということですが、あきらめの悪い当店では、こういった難しいケースはなぜかやる気が増します。

デントリペア後

ムーヴラテ景色で確認。
延びていた鉄板と潰れていたプレスラインを適切なノウハウで修正する事で、今回もかなり綺麗に修理させていただきました。

ムーヴラテ基準を映して確認。
修理後は、しっかりと基準となる線を広範囲に映す事で、徹底した仕上がりチェックをしていきます。
お客様にも同様のチェックをしていただきご納得いただけましたら完成です。

ご依頼ご来店有難うございました。

今年も施工させていただいた様々な修理のケースを、施工の合間に可能な限りご紹介してまいります。
ブログに掲載されていない車種、ヘコミの形状、位置等も、塗装が活かせそうと思われましたら、まずは一度ご相談ください。

ダイハツ   - , , , , , , ,