『デントリペアで鈑金しないヘコミ修理』トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

RC300h ドア端のヘミング折れ修理

 

今回はドアの端の重なった部分の折れ修理例です

ドア端の部分は、パネルを折り曲げて鉄板が重なっていますので、少しの悪条件が重なる事でデントリペアでは修理が困難となってしまいます。
ただし、今回のようにパネル端の折れの修正であれば、かなり元通りに修理可能な場合も多数ありますので、ヘミング部分の折れでお悩みの場合は是非一度ご相談ください。

RC300hのドア端ヘミング部分のデントリペア

レクサス RC300h RC300h ドア端ヘミング部分折れ修理位置ヘコミの位置はドアの後ろ端。
端の部分は少しの衝撃で折れやすいのですが、表面の鉄板は折れるときにかなり延びて曲がっており、そのまま裏から叩くだけではなかなか元通りには戻らない状態ですので、しっかりと適切な修理を行っていきます。

【デントリペア前】RC300h ドア端ヘミング部分折れ修理前 RC300h ドア端ヘミング部分折れ修理前 ラインボードで確認静止画では、見る角度によって修理箇所が見えたり見えなかったりするのですが、ラインボードの基準を映す事で様々な角度から見てもはっきりとわかりやすく違和感が現れます。

【デントリペア後】RC300h ドア端ヘミング部分折れ修理後 RC300h ドア端ヘミング部分折れ修理後 ラインボードで確認修理後写真右半分は、作業部分以外に不要な汚れがつかないように青い表面保護テープを貼り付けております。
ドアヘミングの修理後は、厳密にはわずかな歪みは残りますが、オリジナルの塗装を活かしてここまで綺麗に元通りです。

ご依頼ご来店誠に有難うございました。

レクサス   - , , ,