『デントリペアで鈑金しないヘコミ修理』トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

深いヘコミ(ディープデント)のデントリペア・レガシィアウトバック

 

ドアに出来てしまった深いヘコミもご相談ください。

今回はドアのプレスラインのデントリペア。塗装の潰れを伴う深いヘコミも再塗装することなく、出来るだけキレイに直していきます。
塗装の潰れ・欠け・剥がれ・割れを伴うヘコミであっても、出来るだけ再塗装したくない場合は是非一度ご相談ください。

 

レガシィアウトバックのデントリペア

スバルアウトバック デントリペアのご依頼ご来店

今回は岡山からのご依頼後来店のレガシィアウトバック。

まずはヘコミの位置を確認

アウトバック 右フロントドアのディープデント位置

修理するヘコミの位置は右フロントドアのプレスライン部分。赤丸部分の青い矢印シールの真上あたりです。今回のような深いヘコミはパネルがかなり延びていますので、歪みや違和感が残らないようにデントリペアの『絞り技術』を活用して修理していきます。

 

デントリペア前のヘコミ確認

景色で確認

アウトバック 右フロントドアのデントリペア前

景色でも深さがよくわかります。気になるヘコミは、スッキリキレイに直してしまいましょう。

ライトの光で確認

アウトバック 右フロントドアのデントリペア前 ライトの光で確認

深いヘコミはライトの光でもハッキリと映ります。当然光の確認でもわからなくなるように直していきます。

ラインボードで確認

アウトバック 右フロントドアのデントリペア前 ラインボードで確認

ラインボードの基準も大きく歪んで映ります。こちらも基準となる線がキレイに映るように直していきます。

 

デントリペア後の仕上がり確認

景色で確認

アウトバック 右フロントドアのデントリペア後

景色もスッキリ。

ライトの光で確認

アウトバック 右フロントドアのデントリペア後 ライトの光で確認

ライトもこの通りスッキリ。

ラインボードで確認

アウトバック 右フロントドアのデントリペア後 ラインボードで確認

ラインボードもスッキリキレイに基準線が映り込み完成です。
万が一へこみが出来てしまったら、再塗装してしまう前にデントリペアでの修理をご検討ください。

深いヘコミは塗装のキズなどが伴う場合がありますが、再塗装しないメリットと跡が残るデメリットをご説明させていただき、ご希望に合った修理をお選びいただければと思います。

 

まとめ

スバル   - , , , , , , ,