『デントリペア』で車のへこみ修理 トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

パサートヴァリアントのボンネットのデントリペア

 

 今回はフォルクスワーゲン・パサートのボンネット先端のへこみ修理です。

先日デントリペアのお見積りをさせていただいたのですが、難しいヘコミでリスクが高く、修理しても違和感が残る可能性もある為しばらくご検討いただいておりました。
しかし、気になるヘコミはなんとか直したいというご要望で、今回は可能な範囲で綺麗にという条件での修理となります。

 パサートボンネットのヘコミ修理でお預かり

パサート
へこみ修理箇所は、ボンネット先端部分です。
裏も確認しましたが、ボンネットの先端部分はパネルが2枚がぴったりと重なっている所で、とてもツールが入る隙間はなさそうです。
パサートボンネットデントリペア箇所
【景色でへこみ修理前後の確認】
塗膜自体が筋状に凹んでいますので、その部分は残ってしまいます。
塗膜のヘコミは、条件によって完治出来る場合と出来ない場合があります。
無理をすると直す前よりも悪くなる恐れがあるヘコミの場合は、ベストな状態をしっかりと見極める事が重要となります。
パサートボンネットデントリペア前
パサートボンネットデントリペア後
【ラインボードでへこみ修理前後の確認】
景色ではわかり難かったヘコミも基準を映せばはっきりとわかります。
パサートボンネットデントリペア前
パサートボンネットデントリペア後
修理後は基準を映して細部まで確認します。

【塗膜のヘコミ】
塗膜のヘコミ自体はそのまま残ってしまいますが、パネルのヘコミは綺麗に直して完成です。
さらに目立たなくする事も可能かもしれませんが、これ以上綺麗な状態にするにはリスクが非常に高くなると判断しましたので完成となります。
パサートボンネットデントリペア後
このキズの様な塗装のへこみを気にするかどうかはユーザー様次第となります。
当店では、明確な基準を使用して細部まで繊細に直す事を心がけているからこそ、自信をもって『これがベストな状態である』と判断させていただいております。
ご依頼ありがとうございました。

フォルクスワーゲン   - , , , ,