『デントリペアで鈑金しないヘコミ修理』トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

香川県からデントリペアのご依頼ご来店・メルセデスベンツのリアフェンダー

 

香川県からもデントリペアのご依頼をお受けしております。

ツールが入りにくい場所でも、穴を空ける前に是非ご相談ください。

今回の施工例は、香川県からご来店いただいたメルセデスベンツCクラスクーペのリアフェンダーです。通常のデントリペアでは裏側に穴を開けるという施工方法のご提案だったのですが、できれば穴を開けたくないという事で、当店にご相談いただきました。
香川県からのご依頼ご来店、メルセデスベンツC63

【ヘコミの位置はこちら】
右リアフェンダー上部、ツールが入りにくいとされる部分になります。
ツールが入らない(入りにくい)箇所の修理では、パネルの見えない位置に穴を開けて直す修理方法もありますが、たとえ見えない位置にも穴を空けるのは抵抗がある方も大勢居らっしゃいます。
私自身もその一人、かなり抵抗がありますので、あらゆる修理方法と技術ノウハウを駆使して、当店では穴を空けずに修理する方法をご提案致しました。
香川県からのご依頼ご来店、メルセデスベンツCクラスクーペのリアフェンダーデントリペア位置
どうしても穴を開けないといけない場合もありますが、ギリギリの判断をさせていただきますので是非ご相談ください。

【デントリペア前・景色での確認】
ボディ横のプレスラインから上部窓の際にかけて20センチ以上の斜めに長いヘコミで、判別しにくい空の映り込みでもわずかに判断できるはっきりとしたヘコミです。
メルセデスベンツC63クーペのリアフェンダーデントリペア前

【デントリペア後・景色での確認】
修理後はしっかりと綺麗なボディラインになっておりますので景色は綺麗に映り込みます。
当店では景色や蛍光灯に加え、『ラインボード』という修理基準を映して、より繊細なチェックを行います。
メルセデスベンツC63クーペのリアフェンダーデントリペア後

【デントリペア前・ラインボードでの確認】
広範囲に基準を映す事でヘコミが一目で判断できます。景色や蛍光灯では基準が一部しか映らない事が多く、写真では角度を変えてしっかりと確認が出来ない為、トラストデント・グループではこのような手法での確認を採用しております。これにより写真でも細部まで綺麗に直っている事をしっかりとご確認いただけます。
メルセデスベンツC63クーペのリアフェンダーデントリペア前ラインボードで確認

【デントリペア後・ラインボードでの確認】
明確な基準を映してお客様と一緒に修理後の確認を行います。
へこみ修理後に歪みや違和感を残さない様に適切な施工を行い美しい仕上がりをご提供しております。
メルセデスベンツC63クーペのリアフェンダーデントリペア後ラインボードで確認

【デントリペア後・上からラインボードでの確認】
360°と正面からも含めてあらゆる角度から見て違和感が判らなくなれば修理完了となります。
ラインボードを使用してデントリペア後を上からの確認

香川県からデントリペアのご依頼とご来店、誠にありがとうございました。今後も万が一がございましたら是非ご相談ください。
デントリペアは、ツールが入りやすい場所にあるヘコミは簡単に直りますが、僅か数ミリずれただけで難しいとされるヘコミや直せないヘコミになったりします。へこみでお困りの際は、是非一度ご相談ください。

四国地方、香川県、愛媛県、徳島県、高知県の方必見!

トラストデント・グループ(TDG)では、四国に施工代理店が2店舗ございます。
愛媛県松山市には、『愛媛松山店』
高知県高知市には、『高知東店』
ライセンス取得の確かな技術と繊細な確認方法でベストなへこみ修理をご提案致します。

メルセデス・ベンツ   - , , , , , ,