『デントリペアで鈑金しないヘコミ修理』トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

レクサスNX ルーフのヘコミをデントリペア

 

ルーフの気になるヘコミも塗らずにキレイに

レクサスNX ルーフのデントリペア

レクサス NX デントリペアのご依頼ご来店

今回はレクサスNXのルーフのヘコミ修理をご紹介します。
ルーフやピラーのツールが入らない、入りにくい部分のヘコミもデントリペアで修理が可能なケースは多数ありますので、あきらめる前に是非一度お問い合わせください。
ルーフやピラーなどの重要パネルの修理も、修復歴もつかないのでお車の価値を下げることなく直す事が可能です。

レクサスNX ルーフパネルのヘコミを確認

ヘコミの位置はルーフの左後方です。

レクサス NX ルーフのデントリペア

基準となるまっすぐな景色が映りこんでいればよくわかるヘコミです。

 

デントリペア前のヘコミの確認

景色で修理前のヘコミの確認

レクサス NX ルーフのデントリペア前

はっきりした景色(当店の屋根)で、ヘコミの部分がよく見えます。

 

ライトで修理前のヘコミの確認

修理前のハッキリ見えるヘコミに光をあてて確認してみました。

レクサス NX ルーフのデントリペア前 ライトで確認

なんと、ほとんど見えなくなってしまいました。

小さいヘコミや歪みだけでなく、今回のような10cm程度のヘコミにおいても、ほとんどわからなくなってしまうほどにライトには『死角』が存在します。

さらにオレンジの光だけでなく黒いところにヘコミが映るように映すとこんな感じです。

レクサス NX ルーフのデントリペア前 ライトで確認

ライトの確認においてはこのような事がよくあるので、どんなにキレイに直っていても、その証明は非常に困難になります。
当店では、キレイに直ったとスッキリしていただけるように、ラインボードの基準線を映す確認方法を採用しております。

 

ラインボードで修理前のヘコミの確認

レクサス NX ルーフのデントリペア前 ラインボードで確認

ヘコミの部分の線が歪んで映り一目でわかります。

線と線の間が死角で重なって映るところだけが判別できるのではと思われがちですが、線の間にヘコミが入っても結構わかるんです。

レクサス NX ルーフのデントリペア前 ラインボードで確認

このように周りの線が歪んで映りますので見落としは少なく、より繊細なチェックが可能です。

 

 

デントリペア後のヘコミの確認

修理後はすっきり綺麗になっていることを様々な方法でご確認ください。景色や光やラインボード、それぞれに長所と短所がありますので、どの角度でどの確認方法で見ても違和感が残らないようになれば完成です。

 

景色でヘコミ修理後の確認

レクサス NX ルーフのデントリペア後

ヘコミで歪んでいた影が修理後はパネルに沿って綺麗にそろって映り込みます。塗装の肌をそのまま維持することはもちろん、周りとの調和も大事です。当店では、トラストデント独自のノウハウをいかして、修理跡や歪みを極限まで取り除くことを心がけております。

 

ライトを映してデントリペア後の確認

レクサス NX ルーフのデントリペア後 ライトで確認

修理前の写真とあまり変わりませんので、さらにラインボードで確認していきます。

 

ラインボードの基準を映してデントリペア後の確認

レクサス NX ルーフのデントリペア後 ラインボードで確認

基準となる線が綺麗にそろって映り込んでいます。この時も見る角度をいろいろ変えて確認していただけくことを推奨いたします。

 

さらに大きいラインボードで最終確認をしていきます。

 

巨大なラインボードで最終確認

大きいラインボードは数メートル離して映り込みを確認していきます。

レクサス NX ルーフのデントリペア後 ラインボードで確認

写真では、ボンネットより前のシャッターの柱あたりに設置しています。

 

巨大ラインボードで修理前のヘコミを確認

レクサス NX ルーフのデントリペア前 ラインボードで確認

大きいラインボードの映り込みはすさまじく、修理前は線がこのように歪んで映りました。

 

巨大ラインボードでデントリペア後の確認

レクサス NX ルーフのデントリペア後 ラインボードで確認

修理後は線がそろって映りますので、綺麗なパネルに戻っていることがよくわかります。極限までヘコミが直りスッキリしたところ確認していただき完成です。

ご依頼ご来店誠にありがとうございました。

レクサス, その他・未分類の記事   - , , , , ,