『デントリペアで鈑金しないヘコミ修理』トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

フィット プレスラインの気になるヘコミ修理

 

デントリペアでフィットのドアパンチを綺麗に元通り

デントリペアはプレスラインでも綺麗に直ります。
よくあるドアパンチは、ドアの飛び出た部分が当たりやすいので、プレスライン等に出来たヘコミはとても目立ちます。
ドアやフェンダー、その他あらゆるプレスラインの施工実績も多数ありますので、是非ご相談ください。

今回はフィットのドアプレスラインのデントリペアです。

へこみの場所は左フロントドアと右フロントドア。
フィット

左フロントドアプレスラインのデントリペア

へこみの場所は、フロントドアの前の方です。デントリペアツールが入りにくい場所ではありますが、そんな場所にあるヘコミでも、技術次第で問題無く修理可能です。
プレスラインのデントリペアは、ゴツゴツした状態になりやすいので、スクールで習得したノウハウを活かしてベストな修理を行います。
フィットドアへこみ修理箇所
【景色でデントリペア前後の確認】
フィットドアへこみ修理前
フィットドアへこみ修理後
【ラインボードでデントリペア前後の確認】
フィットドアへこみ修理前
フィットドアへこみ修理後
当たった衝撃で出来てしまった、キズの様な塗装自体のヘコミは残りますが、パネルを元に戻すとかなり目立たなくなります。

右フロントドア プレスラインのデントリペア

こちらは、ドアの真ん中あたりのプレスライン。問題なく作業開始です。
フィットドアへこみ修理箇所
【景色でデントリペア前後の確認】
フィットドアへこみ修理前
フィットドアへこみ修理後
【ラインボードでデントリペア前後の確認】
フィットドアへこみ修理前
フィットドアへこみ修理後
遠方からのご依頼ご来店誠にありがとうございました。

プレスラインの多くはヘコミが反転しているので鉄板がかなり変形している状態でとても難易度は高くなります。今回のヘコミは通常のデントリペアで修理可能ですが、さらに深い大きなヘコミでもお任せください。
どこまでが修理可能なヘコミか、またどの程度まで綺麗に直るのかは、ヘコミ一つ一つで変わりますので是非ご相談ください。

ホンダ   - , , , ,