『デントリペアで鈑金しないヘコミ修理』トラストデント岡山店のブログ

デントリペアで美しいへこみ修理を追求する『トラストデント岡山店』の施工ブログ

*

ハイエースの工具が入らないフロントパネルを綺麗に修理

 

デントリペアの工具が入らない部分『100系ハイエースのフロントパネル』のへこみ修理です。

デントリペアの工具と聞いてどんなものを想像しますか?
デントリペアとはヘコミを裏から押し出して修理する方法ですので、裏から押し出す工具であることは間違いないのですが、その形は様々で時にはヘコミ一つのために海外から特殊な工具を取り寄せたりする場合もあります。

しかし、どうしても裏から工具が入らない場合は今回の施工例の様に特殊なノウハウを用いて修理可能な場合もあります。

今回はデントリペアの工具が入らない部分の特殊なへこみ修理となります。

今回のへこみ修理例は、100系ハイエース。
ハイエース デントリペア
フロントパネル左の角のこの部分。 正面から遠目に見てもかなりの大きさで凹んでいるのがわかるでしょうか?
限りなく綺麗を目指してしっかりと修理をしていきます。
ハイエース デントリペア

デントリペア前

【へこみ修理前】 横から景色での確認。
フロントパネルのRコーナーになっている部分が上下方向に15センチ以上つぶれています。 ヘッドライトを外せば道具が入りそうですが、裏面が鉄板で囲われている為、まったく道具が入りません。そんな時には表からデントリペアを行います。
ハイエース デントリペア
【へこみ修理前】ラインボードでの確認。
ヘコミの部分に歪んで映り込む線が真っ直ぐ揃うように丁寧に修理していきます。
ハイエース デントリペア

デントリペア後

【へこみ修理後】 景色での確認。
問題なくヘコミを直してしっかりとあらゆる方向から確認します。
さらに歪みや違和感が無いかラインボードでの最終確認も行います。
ハイエース デントリペア
【へこみ修理後】 ラインボードでの確認。
線が真っ直ぐ綺麗に映り込みます。
ハイエース デントリペア

横からだけでなく上からの確認も怠りません。

【修理後】上からの確認。床には映り込む基準がありませんので、こちらもラインボードを映し込んでしっかりと確認。
360°確認して線が綺麗に映り込んでいれば修理完了となります。お客様にも同様の確認を推奨しております。
ハイエース デントリペア
ハイエース デントリペア

デントリペアとは、鈑金やパテ付け再塗装をせずに『ヘコミを裏から押し出して直す』工法ですが、裏から道具が入らない場合でも修理が可能です。

『みんカラ』にもご紹介いただき誠にありがとうございます。

ご依頼いただきました『KZH106Wハイエースワゴン』様から、トラストデント施工代理店に寄せられました「お客様の声」に修理後のご感想を頂戴しております。

当店で施工をされたお客様からのメッセージを抜粋して、ご紹介させていただいております。ご投稿ありがとうございました。

お客様の声ページへのリンクバナー

本日は前日の急な問合せに丁寧な対応と親身なご説明、またリペアまでして頂きお世話に成りました。デントリペアという技法は初めてでは無かったので すが、一度御願いして、その仕上がりに魅了されると、この技法以外には考えられなく近くのお店を探してた所でした、又今回は凹み裏にツールが入らないとい う袋とじ部だったにも関らず、神業の様に綺麗に直して頂き有難う御座いました。又、御願いする事が有ると思いますので、その時も宜しく御願いします。


KZH106Wハイエースワゴン 様
ツールの入らない部分の大きめなデントリペアでしたが、ご満足いく修理が出来て何よりです。 デントリペアは万能ではありませんが、ご存じのとおり修理可能な場合はメリットが多数あります。 今までは直りきらないとされていたヘコミでも、技術次第で綺麗に直る場合が多数ありますので、万が一がございましたらご相談下さい。 ご依頼ご来店誠にありがとうございました。
トラストデント岡山店 安田

トヨタ   - , , , , , ,